FC2ブログ

2018.10/01(Mon)

韮の花とハナニラ

この前から散歩道で見かける群生で咲いている真っ白な綺麗な花が気になって仕方がなかった。
道の端や畑の隅にも咲いている。
農作業している人がいたら声を掛けて花の名前を教えてもらおう。
と思っているのに、探しているときに限って人の姿は見当たらい…(-_-;)

昨日の午後散歩の帰り、公園の近くのお家のお庭で草取りをしているおじさんの姿発見。
それに、お庭のフェンスの脇にあの真っ白な花が咲いているじゃないですか。

勇気を出して知り合いでもないおじさんにお尋ねしました
”お忙しいところすみません~。
あのぉ、あそこに咲いている白いお花の名前を教えていただけませんか?”

通りすがりの犬連れ見知らぬおばさんに声を掛けられた草取りおじさん。
作業の手を休め、嫌な顔もせず快く親切に花の名前を教えてくださいました。

「あの白い花?あれは韮の花だよ。こうやって千切ると韮の匂いがするよ。もちろん食べれる韮だよ。ニラレバ炒めとかギョーザの具に入れる、あの韮だよ。」
”韮の花ですね、ありがとうございました~。”

韮の花と教えて頂いて、ふと思い出しました。
春、散歩の途中で何処かのお家のお庭の片隅に小さな青っぽい色のハナニラの写真を撮ったはず。
あのときのハナニラと韮の花、色も形も全々違う...。

大急ぎで戻り、植物図鑑を引っ張り出しめくったら載っていました、わたしの撮った写真と同じ韮の花とハナニラが。
そして調べてみたら、韮の花とハナニラは全々別物だったのです。

韮の花

百合科 ネギ属 在来種 多年草 
花期 秋 8月下旬頃から10月上旬

夏から秋にかけて花茎を伸ばし、小さな星をいくつも散りばめた可愛い白い小花を咲かせます。
レースのような白い小花が集まって傘状に開いています。
韮の花は季節の移り変わりを告げる初秋に咲く花としても知られています。

韮には、葉を食用にする「葉ニラ(一般にスーパーで売られているもの)」と花(つぼみ)とその下の茎を食用にする「花ニラ」とがあります。 
花ニラの葉も若く柔らかい時期は食用になります。
 
ハナニラ(イフェイオン)

ユリ科 ハナニラ属 外来種 草丈20cmほどの多年草
花期 早春 3月から4月
春に藤青色からピンク、白の星形の花を咲かせます。

「ハナニラ」と言われるものは、葉を潰すとニラと同じようなにおいがしますが属が違い毒性があります。
ハナニラは「ニラ」という字がついていても、ニラではなく食用の韮とは別種類です。



韮の花

韮の花

韮の花

韮の花

ハナニラ

今春に撮ったハナニラ

ハナニラ 2005.4.26






テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

16:57  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→https://haruaran.blog.fc2.com/tb.php/1913-57bb3d7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |